「サプライズで感動を。」

実は今、フラッシュモブのオンラインサロンを始めようと思っています。

フラッシュモブは、サプライズを仕掛ける側となって感動させる活動です。
実はコレが、とても楽しいんですよ♪

会場のスタッフのふりをしたり、踊る前の緊張感。
そして、踊った後の達成感や感動は
普段の生活では、味わえない体験が出来ます。

あの感動は、忘れられませんよ。

もちろん仕掛ける側としてのドキドキや感動もありますが、それまでの準備に費やしてきた自分自身の体験や成長も実感できるのです。

喜ばれるというだけではなく
自分自身も感動するので、泣いていまう人も続出です!

またダンスというと、コンテストや大会など
スキルアップ中心の話題が目立ち、近づきにくい点も多いかもしれませんが
フラッシュモブは違います。

目標は、上手さよりも「感動」ですから。


<どんな活動をするの?>

基本的な所では、オンライン動画によるレッスンでダンスの練習をしてもらいます。

通常のダンス教室となると、毎週決まった曜日と時間帯に通う必要があったり、他の人のペースの邪魔にならないか?と不安になります。
少し休んだら、もう振付についていけない・・・ということも。

しかし、それがオンライン動画による学びであれば、空いている時間に練習できるし、ペースを乱すかも?という心配もありません。
またフラッシュモブに参加するというゴールもあるので、モチベーションにも繋がります。

それに、このサロンは単にフラッシュモブをおこなうだけではありません。
その活動を想い出として残すために、本として出版します。
本は電子書籍となって、実際にamazonで販売されます。あなたの活動は、書籍として残るのです。

電子書籍には、本書内リンクがあり
ウェブサイトやYouTubeなどに移動できるので、フラッシュモブの電子アルバムと考えても良いでしょうね。

※これは▲あるダンススタジオの情報を書籍に(アルバム化)したものです。

なので、ダンスは苦手なんだけど
フラッシュモブには関わりたいという人には、電子出版や動画制作の方で活躍できます。

<実際の流れは?>

動画によるダンス振付のレクチャーやレッスン等でスキルアップしてもらい、実際にキャストとなってフラッシュモブで披露します!

例えば、結婚式(披露宴)での依頼が入った場合のサプライズです。
またオンラインサロンで企画して、フラッシュモブを仕上げ、電子書籍にしたり、動画にして公開します。

1・各自、練習(準備)をしておく
2・現地に集合します
3・その日に全体練習でまとめ
4・いざ本番!
5・その後、本を出版します

出演だけではありません。
フラッシュモブの作り手としての講座も開こうと思います。

さらに、本気モードの人は
将来ダンサーやダンスの先生を目指したり、フラッシュモブの振付師やプロデューサーになるという方向性も用意していきます。

今まで多くの人から、ダンサーとしての独立の相談も受けたので、そちらもカバーできます。

「ダンスで感動を生み出す!」
そんな想いを持ったあなたを是非お待ちしています。

杉山トシツグ

ダンス歴30年、ダンス教室歴20年
累計約5000人の生徒を指導してきた。
また多くのダンスの先生を育て、コンテストの優勝ダンサーや芸能界入りした人材も存在する。
フラッシュモブも複数エリアにて運営中。

PAGE TOP